通信教育で資格取得をしよう!

行政書士の難易度と仕事について

オススメ度★★★★★
資格の難易度★★★★★

<行政書士の難易度について>
行政書士は、難易度の高い国家資格で、簡単に合格できる試験ではありません。
その証拠にここ10年の合格率は、平均で約10%、低い時なら2%台です。

やはり行政書士は、法律という専門的な知識が必要になるので、
ある程度の学習量が求められる資格となります。

しかし、決して合格できない試験ではありません。
法律の知識がまったくない方でも、1年くらいしっかりと勉強すれば
十分に合格できる可能性があり、中には半年で合格する方もいます。

というのも、行政書士は確かに合格率が低く、難易度の高い試験ではありますが、
受験者全体のレベルがそれほど高くないので、数字ほど難しく感じないはずです。

これは、ある資格学校の講師が言っていたのですが、
行政書士の試験で、真剣に合格を狙ってきている方は
全体の3割くらしかいないそうです。

その理由として上げられるのは、受験資格がないので、まぐれ合格をねらう方が多いのと行政書士は法律の登竜門的な資格になるので、お試しの受験者が多いからです。

ですから、通信教育でしっかりと学習すれば、十分に合格できる試験と言えます。

<行政書士の仕事について>
行政書士の仕事を簡単に言えば、役所に提出が必要な行政書類を作成することです。
例えば、「会社設立に必要な種類」、「飲食店開業に必要な書類」、「車関係に必要な書類」、「建設業を始める際に必要な書類」などです。
他にもまだまだあり、行政書士が取り扱える書類は1万を超えると言われています。

このような書類を顧客の依頼に基づき、代筆して役所に提出いたします。

次に行政書士の働き方ですが、基本的に独立開業型です。
つまり、会社に就職するのではなく、自分で独立して仕事をするのです。
但し、中には、行政書士事務所や法律関係の事務所に就職するケースもあります。

独立開業するとなるとリスクもありますが、その分稼げる額も多く、
年収1千万円はおろか、2千万~3千万円クラスもたくさんいます。

<コメント>
インターネット上で行政書士は稼げないと言う方もいますが、
それはそういう行政書士しか知らないだけで、本当は密かに稼いでいる人が多い資格です。

稼ぐという意味でのポテンシャルは、今回紹介する資格の中でも最も高く、
それ以外の国家資格と比べても引けを取りません。

また、独立開業といっても自宅を事務所にすれば、初期投資はほとんどかからなく、
そのように仕事をして稼いでいる方が非常に多い資格です。

難易度の高い資格ですが、その分仕事としては非常に魅力的です。


通信教育人気ランキング
フォーサイト

「教材の質、価格、合格率」全てに置いて評価が高く、通信教育の中では他を圧倒しています。 大きな特徴は2つあり、まず一つ目は教材の質の高さです。 例えば、DVD講義ならハイビジョン撮影した迫力のある映像で、他社にはない撮影方法です。 また、テキストは記憶力が上がるフルカラーで、しかも持ち運びに便利なB5サイズとなっています。

TAC

TACは基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意してあります。 学校の特徴としては、受験者のレベルに合わせた複数のコースを用意しており、 模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えています。 また、資格の種類も豊富で、一般的な資格ならほぼ対応できるようになっています。

大原

受講生一人一人にきめ細かい対応をするのが特徴で、専任講師体制を設けております。 また、通学校として高い実績があり、特に会計系の資格には強いとされています。 もちろん、初学者でも安心して学習できるように基礎から応用まで、しっかりとしたカリキュラムが整えられ、知識がある方には応用を中心としたコースも用意してあります。