通信教育で資格取得をしよう!

管理業務主任者の難易度と仕事について

オススメ度★★★
資格の難易度★★★

<管理業務主任者の難易度について>
マンション管理士の難易度は、ここ5年で22%くらいです。もっとも5年以上前から、それくらいの数字が毎年続いています。
基本的に選択問題ばかりが出されるタイプの試験のため、合格率のコントロールはやさしいといわれています。この点は、受験する側にとっては有利な点だと受け止めたいところです。通信教育で勉強するなら、短時間でも合格力の底上げができることはたくさんの証言から立証されています。

試験で学習しなければならない範囲は広域です。専門性もなかなか高いのですが、そのない湯はマンション管理士とわりと似通っています。また宅建の試験とも共通項があります。これらの試験を勉強した経験を持っていれば、それだけでもスタートラインはゴールに近くなります。とりわけマンション管理士との類似性は低くありません。

<管理業務主任者の仕事について>
マンション管理士と試験範囲が重なるのは、仕事の内容が近いからです。管理業務主任者も、マンションの管理に深く従事することになります。

ただし、立場が大きく変わります。管理業務主任者は、マンションを管理するおおもとの企業で働くのが普通です。マンション管理士は管理会社というよりは管理組合の立場につくのが常識です。

管理組合は、マンションの住民が構成員となるのがふつうです。実際にはマンションの管理や運営のことは知らない素人の集団です。そこで管理組合は、やらなければならない仕事の大半を専門家に委託するしかありません。管理会社に委託するなら、管理業務主任者に回ってくることになります。

マンション管理ではたくさんの事務作業が発生します。契約に関することもあればお金に関することもあります。またマンションは住居である以上経年劣化します。そのため保全に関する業務も率先してやっていかないといけません。管理業務主任者の役割は重大なのです。

<コメント>
マンションは全国のどこに行ってもあります。つまり都会でも地方でも需要がある資格です。それに法令の指導があるため、管理会社は絶えず管理業務主任者を配置させる必要に迫られています。また違った意味で需要があるといえます。


通信教育人気ランキング
フォーサイト

「教材の質、価格、合格率」全てに置いて評価が高く、通信教育の中では他を圧倒しています。 大きな特徴は2つあり、まず一つ目は教材の質の高さです。 例えば、DVD講義ならハイビジョン撮影した迫力のある映像で、他社にはない撮影方法です。 また、テキストは記憶力が上がるフルカラーで、しかも持ち運びに便利なB5サイズとなっています。

TAC

TACは基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意してあります。 学校の特徴としては、受験者のレベルに合わせた複数のコースを用意しており、 模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えています。 また、資格の種類も豊富で、一般的な資格ならほぼ対応できるようになっています。

大原

受講生一人一人にきめ細かい対応をするのが特徴で、専任講師体制を設けております。 また、通学校として高い実績があり、特に会計系の資格には強いとされています。 もちろん、初学者でも安心して学習できるように基礎から応用まで、しっかりとしたカリキュラムが整えられ、知識がある方には応用を中心としたコースも用意してあります。