通信教育で資格取得をしよう!

診療報酬請求事務能力認定の難易度と仕事について

オススメ度★★★★
資格の難易度★★

<診療報酬請求事務能力認定の難易度について>
診療報酬請求事務能力認定試験は、医科と歯科という2区分に分けられて実施されます。
これは、日本では元来「(通常の)医科」と「歯科」がいっしょくたにされることなく発展してきたからです。事務作業の体系にも違いが多いのです。

肝心の各試験の合格率ですが、ここ5回に限定するとどちらの試験も約35%弱となっています。
国家資格全体内においては、難易度が高いとは呼べません。しかし類似した医療事務の民間資格等と比べるなら、難易度が低いとはいいづらくなるでしょう。「医療事務の資格ではトップのむずかしさ」という意見はよく目にします。

いずれにしてもこの資格はこの数年で評価が上がっています。それに合わせて専用の通信講座が新規開講されるようになりつつあります。

<診療報酬請求事務能力認定の仕事について>
病院の受付では、看護師が仕事をしていることもありますが現在では「クラーク」と呼ばれるスタッフが常駐しているのが当たり前です。このクラークは、医療事務を一手に引き受ける存在です。医療機関では独特の事務仕事が日々発生するため、そのスペシャリストが必要とされます。
その事務作業の中でいちばん重視されるのが「レセプト業務」。これは、保険制度の規定通りの「診療報酬」を正確に計算する仕事です。これがうまくいかないと病院の経営は破たんしますから、責任が重い仕事に数えられます。

<コメント>
医療事務をするスタッフは全国の病院や診療所に所属しています。医療事務はこれまで、民間資格がたくさんあったのですが、国家認定試験である「診療報酬請求事務能力認定」はひと際ステイタスを備えています。資格手当が用意されることもありますし、医療事務の仕事を選ぶのであればいちばん推薦できる資格です。


通信教育人気ランキング
フォーサイト

「教材の質、価格、合格率」全てに置いて評価が高く、通信教育の中では他を圧倒しています。 大きな特徴は2つあり、まず一つ目は教材の質の高さです。 例えば、DVD講義ならハイビジョン撮影した迫力のある映像で、他社にはない撮影方法です。 また、テキストは記憶力が上がるフルカラーで、しかも持ち運びに便利なB5サイズとなっています。

TAC

TACは基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意してあります。 学校の特徴としては、受験者のレベルに合わせた複数のコースを用意しており、 模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えています。 また、資格の種類も豊富で、一般的な資格ならほぼ対応できるようになっています。

大原

受講生一人一人にきめ細かい対応をするのが特徴で、専任講師体制を設けております。 また、通学校として高い実績があり、特に会計系の資格には強いとされています。 もちろん、初学者でも安心して学習できるように基礎から応用まで、しっかりとしたカリキュラムが整えられ、知識がある方には応用を中心としたコースも用意してあります。