通信教育で資格取得をしよう!

社会人向き資格学習法|“スキマ時間”と“短期集中”

さて、「資格取得」というと、一般的には学生よりも社会人をイメージされる方がほとんどなのではないでしょうか?とあるデータによれば、
【社会人としてフルタイム勤務をする人のおよそ4割が、何らかのスキルアップを目指して勉強をしている】
とのこと。

当然、この割合の中には「資格取得」を目指す方も含まれますから、今の世の中、仕事をしていたって常に自分を高める努力をしていかなければならない時代と言えそうです。

「日本は終身雇用が文化だから」とゆったり構えている暇はありません。

 ところで、最近の傾向として、通信教育で資格取得を目指す社会人が急増中とのこと。

資格受験といえば、かつては「資格予備校への通学」が主流であり、忙しい社会人受験生のための土日講座なども数多く開講されてきましたが、今はもっぱら「通信教育の活用」に移っているんですね。
確かに、職場の他に学校にも通うとなれば、その負担感は半端ないと思います。
毎週決められた時間に席に着く、口で言うのは簡単ですが、実際に仕事をしながらだとこれが難しいんです。
残業だの、接待だの、日々色々ありますからね。
ならば、「通信教育を使い自宅で勉強しよう」という社会人が増えるのもまぁ無理のないこと。当然と言えば当然です。

 では、通信教育を使って社会人がどのようにして資格取得を目指すのが得策か。これは実際の社会人受験生の成功事例に学ぶのが一番だと思います。キーワードは【スキマ時間の活用】と【短期集中】。以下、成功者の声です!

通勤時間をフル活用することで、毎日コンスタントに1時間ほど学習時間を確保できたのが功を奏した。

・普段ボーっとしがちな休憩時間や夜のリラックスタイムも、一部を学習時間に充てること。15分、30分の短い時間も、集中して取り組めば暗記に役立ちます。

・社会人にとって、資格受験の難しさは「継続すること」にあり。自分の都合に合わせて進められる通信教育なら、仕事を持つ社会人でも続けやすいのが魅力です。毎日少しずつでもテキストを開きましょう。

以上、シンプルではありますが、社会人が通信教育を使って資格取得を目指す上では非常に重要な3つの心がけです。
学習そのものは、講座のカリキュラムに従うだけ。上記の姿勢を目指すことで、合格がぐんと近づくはずです。


通信教育人気ランキング
フォーサイト

「教材の質、価格、合格率」全てに置いて評価が高く、通信教育の中では他を圧倒しています。 大きな特徴は2つあり、まず一つ目は教材の質の高さです。 例えば、DVD講義ならハイビジョン撮影した迫力のある映像で、他社にはない撮影方法です。 また、テキストは記憶力が上がるフルカラーで、しかも持ち運びに便利なB5サイズとなっています。

TAC

TACは基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意してあります。 学校の特徴としては、受験者のレベルに合わせた複数のコースを用意しており、 模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えています。 また、資格の種類も豊富で、一般的な資格ならほぼ対応できるようになっています。

大原

受講生一人一人にきめ細かい対応をするのが特徴で、専任講師体制を設けております。 また、通学校として高い実績があり、特に会計系の資格には強いとされています。 もちろん、初学者でも安心して学習できるように基礎から応用まで、しっかりとしたカリキュラムが整えられ、知識がある方には応用を中心としたコースも用意してあります。