通信教育で資格取得をしよう!

通信教育で資格を取得する場合のメリットとデメリット

では、通信教育で資格を取得する場合、どのようなメリットとデメリットがあるのか
考えて行きましょう!

まずは、デメリットです。
通信教育で資格を取得するとなると当然お金がかかります。
費用は通信教育やその資格によってまちまちですが、
3万円から20万円を超えるものもあります。
この費用が最も大きなデメリットになります。

しかし、費用がかかることは仕方ないにしても、
そのデメリットを出来るだけ抑えることは出来ます。
それは出来るだけ受講料の安い通信教育を選ぶという事です。

「そんなの当たり前だと」と言う声が聞こえてきそうですが、
実はそれができる方が非常に少ないのです。

何故なら、多くの方は高いもののほうが合格しやすくて、
安いものならサポートが悪そうで合格できないと思い込んでいるからです。

しかし、それは通信教育の世界では当てはまりません。
何故なら、通信教育で高いところは、ほとんど資格学校がある通信教育だからです。

何故資格学校の通信教育が高いかと言うと、
あれらの学校は駅前の一等地に教室を抱え、
しかも常に講師を抱えていなければいけないので、どうしても軽費がかかるのです。

別に内容が充実しているための金額ではありません。

仮に、通信教育の受講料を下げてしまうと、通学の生徒が通信教育に流れてしまい、
学校経営が成り立たなくなります。
ですから、受講料が高いのです。

別のページで通信教育の選ぶ方を解説しましたが、
出来るだけリスクを抑えて学習したければ、
そのポイントプラス、通信教育専門校を選んで下さい。

次にメリットですが、これは言うまでもなく、
短期間の勉強で確実に合格できる可能性が高い事です。

資格と言うのは勉強をすることが目的ではなく、
試験に合格してその資格をどのように活用するかが重要になります。

それにも関わらず、独学で勉強して何年も合格できない状況にあるのは
資格本来の目的を履き違えているか、
時間を無駄にしているとしか言いようはありません。

ですから、通信教育で、できるだけ短期間で資格取得をすることが非常に重要なのです。

是非、通信教育をフル活用して資格取得を目指して下さい。


通信教育人気ランキング
フォーサイト

「教材の質、価格、合格率」全てに置いて評価が高く、通信教育の中では他を圧倒しています。 大きな特徴は2つあり、まず一つ目は教材の質の高さです。 例えば、DVD講義ならハイビジョン撮影した迫力のある映像で、他社にはない撮影方法です。 また、テキストは記憶力が上がるフルカラーで、しかも持ち運びに便利なB5サイズとなっています。

TAC

TACは基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意してあります。 学校の特徴としては、受験者のレベルに合わせた複数のコースを用意しており、 模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えています。 また、資格の種類も豊富で、一般的な資格ならほぼ対応できるようになっています。

大原

受講生一人一人にきめ細かい対応をするのが特徴で、専任講師体制を設けております。 また、通学校として高い実績があり、特に会計系の資格には強いとされています。 もちろん、初学者でも安心して学習できるように基礎から応用まで、しっかりとしたカリキュラムが整えられ、知識がある方には応用を中心としたコースも用意してあります。