通信教育で資格取得をしよう!

「良い通信教育」の見極めポイント|クチコミはもちろん、対応力にも注目

通信教育で資格を目指す人が増えているのは分かった
でも、通信ってやっぱり不安じゃない??

通信教育については、思い込みからあれこれネガティブなイメージが描かれているケースが大変多いように思います。
それもそのはず、通信って一般的には「教材を送ってきて終わり」。
受講生自身が校舎に足を運ぶわけではなく、講師と対面するわけでもないので、実態が目に見えないんです。
目に見えない相手に対して警戒意識を持つのは当然ですから、通信教育の資格講座に対しても例外なく、「大丈夫なの?」「詐欺じゃないの?」といったイメージが膨れ上がってしまっても、まぁ当たり前でしょう。

 しかしながら、すべての通信教育について“胡散臭い”で括ってしまうのも良くありません。
これまでお話ししてきたとおり、通信教育は上手く利用すれば、自宅に居ながらにしてぐんと合格に近づける理想的なツール。
もちろん、数ある通信教育の中には「これはひどい」と言わざるを得ないクオリティのものもあるので要注意ですが、良質な講座を見極めることさえ出来れば、積極的に活用していきたいものです。

 ここからは、良い通信教育の見極めポイントとして、いくつかの観点をご紹介します。
通信教育で資格対策をされる際には、ちょっと覚えておくと役に立つことでしょう。

◆ ホームページに合格実績が紹介されているか
資格対策講座と言えども、ココを公表していないスクールって実は多いんです。
合格実績は講座の一番のウリになる部分にもかかわらず、アピールをしないなんて怪しいですよね。具体的な数、パーセンテージが紹介されている通信教育なら信頼できます。

◆ 受講生のクチコミ評価が高いか
実際にその講座を受講した方の声が紹介されているでしょうか?
ホームページはもちろん、クチコミサイトや掲示板にも目を通してみると、その講座のホントのところが分かります。

◆ 申込講座のみで対策が完結するか
悪質な講座ほど、オプションの繰り返しでお金を巻き上げようとしてきます。
当初に申し込んだ講座内容でしっかり対策が行えるかどうかも、良質な通信教育の見極めポイントとなります。

◆ スクールの対応は迅速か
通信教育の資格講座について、良し悪しの判断に迷ったら、実際にスクールに問い合わせを入れてみると良いと思います。
対応は丁寧か、メール等であればスピーディーに回答されるか等の観点は、実際の講座フォローと通ずるところがあるでしょう。

◆ 顔の見える講座かどうか
通信教育といえども、作り手の顔が見える講座ほど信頼のおけるものです。
ホームページや資料を通じて、講師やスタッフの表情や様子がこちらに伝わってくるようなスクールの方が安心感がありますし、フォローも手厚い傾向にあります。


通信教育人気ランキング
フォーサイト

「教材の質、価格、合格率」全てに置いて評価が高く、通信教育の中では他を圧倒しています。 大きな特徴は2つあり、まず一つ目は教材の質の高さです。 例えば、DVD講義ならハイビジョン撮影した迫力のある映像で、他社にはない撮影方法です。 また、テキストは記憶力が上がるフルカラーで、しかも持ち運びに便利なB5サイズとなっています。

TAC

TACは基本的に通学スタイルの学校ですが、通信教育講座も用意してあります。 学校の特徴としては、受験者のレベルに合わせた複数のコースを用意しており、 模擬試験などの試験直前短期コースなど豊富に取り揃えています。 また、資格の種類も豊富で、一般的な資格ならほぼ対応できるようになっています。

大原

受講生一人一人にきめ細かい対応をするのが特徴で、専任講師体制を設けております。 また、通学校として高い実績があり、特に会計系の資格には強いとされています。 もちろん、初学者でも安心して学習できるように基礎から応用まで、しっかりとしたカリキュラムが整えられ、知識がある方には応用を中心としたコースも用意してあります。